杉戸タクシー有限会社

Top

NEWS RELEASE 新着情報

2017年05月

新型プリウスバックガイドモニターのご紹介

杉戸タクシーに新しく導入されたTOYOTA新型プリウス及びプリウス9台には「バックガイドモニター」が搭載されています。
下記動画にて、実際どのようにバックガイドモニターが役に立つのかをご紹介していますので、ぜひご覧ください。


動画では、入社1年半のドライバー大木実さんに新型プリウスに搭載されたバックガイドモニターを説明してもらいました。

↑バックガイドモニター搭載の新型プリウス運転手の一人「大木実」さん

 

新型プリウスには、オプションとしてバックガイドモニターを搭載することができます。
このバックガイドモニターなら、目視では確認することができない後方部を、モニターを確認しながら駐車することができるようになります。
日中の確認しづらい場所や、駐車スペースの狭い場所でも、楽々駐車できます♪
 

 

↑バックガイドモニターの様子。ギアをバックにすると、自動的にモニターが後方部カメラの画面に切り替わります。

 

 

↑ハンドルを回すと、車のバックの進行方向をガイドする黄色い線も連動して動きます。
ちなみに緑色の線は車体と並行であることを示すガイド線、赤い線は衝突する寸前であることを示すガイド。
この黄色、緑、赤のガイドを頼りに駐車をしていきましょう。

 

↑バックガイドモニターを使って、実際に駐車してみました。目視とバックガイドモニターで簡単にスマートに駐車することができました。


動画をご覧いただくとよく分かりますが、慣れない車では難しい車後方部がはっきりと映し出されます。
大木実さんの体験では、夜間でもバックガイドモニターは見やすいので、目視よりも安全に確認できるとのことでした。

ハンドルと同じ方向にガイドが動くから、どこに車を進行させ、左右どちらにハンドルを切るべきなのかが一目瞭然でした。
もちろん、バックガイドモニターだけに頼ってもいきませんので、目視とバックガイドモニターを交互に確認しながら駐車します。
駐車に不慣れな新人のドライバーさんでもすんなり駐車できます。

お客様にとっても、スムーズに、そして安全に駐車することができるので、より安心して杉戸タクシーをご利用いただけます。

現在のところ新型プリウス及びプリウスのみバックガイドモニターを搭載しておりますが、今後も安全機能が搭載されたタクシーを拡充し、ドライバーもお客様も安心して乗車できるよう努めて参ります。