杉戸タクシー有限会社

Top

NEWS RELEASE 新着情報

2016年08月

災害時タクシー無線の災害情報通信等の協力に関する協定書を締結しました。

 このたび、宮代町・太平交通株式会社・杉戸タクシー有限会社・朝日自動車株式会社杉戸営業所との「災害時タクシー無線の災害情報通信等の協力に関する協定書」が締結されました。
本協定書は、地震などの災害時に宮代町の情報通信を利用することが難しくなった場合、情報収集体制を支援するために、朝日自動車株式会社、太平交通株式会社・杉戸タクシー有限会社は、災害情報を共有し、協力することを要請する手続きを記した協定書です。


「災害時タクシー無線の災害情報通信等の協力に関する協定書」の会談の様子


この日、宮代町「榎本 和男」町長、「南沢 郁一郎」副町長をはじめ、朝日自動車株式会社「瀬山 正成」次長、太平交通株式会社「平子 章」代表取締役、弊社杉戸タクシー有限会社「鈴木 唯之」代表取締役の4名が一堂に会し、宮代町との協定書を各社締結しました。
クールビズが定着した昨今ですが、やはり大切な協定の場とのこともあり、弊社代表だけがスーツ姿でパリッと決めていました(笑)

左から朝日自動車株式会社「瀬山 正成」次長、宮代町「榎本 和男」町長、太平交通株式会社「平子 章」代表取締役、弊社杉戸タクシー有限会社「鈴木 唯之」代表取締役

 


宮代町「榎本和男」町長と朝日自動車株式会社「瀬山 正成」次長との協定書締結の様子

 

宮代町と太平交通株式会社「平子 章」代表取締役との協定書締結の様子

 

 

宮代町「榎本和男」町長と弊社杉戸タクシー有限会社との協定書締結の様子


 


実際の協定書


杉戸タクシー有限会社は、これからも町の為、そして町で暮らす皆様の為、災害時などには、町やタクシー事業社との情報通信の連携をはかり、最善をつくして参ります。

杉戸タクシーのドライバー2名「大木 実」「新谷 京子」が「運行管理者基礎講習」を受講しました。

運行管理者基礎講習とは

運行管理を行うために必要な法令及び業務等に関する必要な基礎知識の習得を目的とした講習です。

講習は3日かけて行われます。

修了すると、運行管理者の補助者になることができ、国家試験の受験資格となります。

運行管理者基礎講習は年齢、経歴に関わらず誰でも受講することが可能です。

また、全国どの地域の方が受講されても有効です。

私たち杉戸タクシーは、実務でお客様に安心していただく為、すべてのドライバーに運行管理者基礎講習を義務付けています。

今回は「大木実」「新谷京子」の2名に、運行管理者基礎講習を受講してもらいました。

実際に講習を受講してきました!

ここは「プラザウエスト (さいたま市桜区役所併設) (さいたま市桜区道場4-3-1)という、さいたま市桜区役所に併設されている、文化・芸術・レクリエーション等の活動の場として地域の拠点となる複合施設です。
運行管理者基礎講習はこの「プラザウエスト」の講習会場で、3日間講習を受けることになっています。

今回講習を受けるのは私「大木実」(撮影していたので写っておりません)と「新谷京子」の2名です。さてさて、会場はどこでしょう?

 

 

プラザウエスト内のエントランス。外観もですが、内装もオシャレでシンプル、そしてクリーンな印象を受けました。

 

 

施設内の張り紙に従って、講習会場前に到着しました!受付で講習する方々の確認をします。
ちなみに2016年の埼玉県の運行管理者基礎講習会場は、このプラザウェストですが、各都道府県によって会場は変わります。


そして、受付を済ませ、講習会場へ。
講習を受ける多目的ホールには、すでに多くの人がこの運行管理者基礎講習に参加し、着席していました。

 

 

スケジュール

↑少し見にくいですが、こちらが運行管理者基礎講習のスケジュールです。

・会場にて受付、確認 10:00~10:45

・一番の目的である講習は10:00(または11:00)~12:00(または13:00)の120分。

・休憩・昼食は 12:00~13:00の60分間

・昼食後は運行管理者基礎講習に関するDVDを視聴や、講師の方の講習 13:00~16:00の3時間~4時間

もちろん、その年度の講習内容によって変わると思いますが、今年2016年は、ざっくりご説明すると「講習」→「休憩」→「講習」という3部構成になっていました。

無事運行管理者基礎講習を修了しました!

講習を終えた新谷京子さん。私、大木実も無事講習を終えました。

 

運行管理者基礎講習を終えて

運行管理者基礎講習を受けて、道路交通法や、自動車事故の防止、労働基準や、タクシードライバーとしての心構えなど、大変勉強になりました。

この講習で学んだことを実践で活かせるように今後も、どんなに多くの経験を積んでも基礎を忘れず、お客様が安心できる、安全丁寧な運転を心がけていきたいと思いました。