杉戸タクシー有限会社

Top

NEWS RELEASE 新着情報

プレスリリース

お客様からのお便り

この度、2017年6月23日、杉戸タクシーをご利用のお客様より、弊社宛にお便りを頂戴しました。
頂いた内容は下記の通りでした。

 

「お礼 杉戸タクシー様 先日、杉戸農業高校より利用させていただいた者です。六月二十一日十六時半ごろ、雨の強い日でした。忘れ物の傘をわざわざお届けくださり、本当にありがとうございます。古い傘だったので、捨てられているだろうと諦めておりました。お気に入りのもので、大変嬉しく思います。運転手様、お名前を聞きそびれてしまい残念ですが、とても優しく、温かい方でした。短い時間でしたがお話しできて楽しかったです。いつかまた乗れるように願っています。どうかお体にお気をつけて、これからも素敵なトークと安心なドライブがんばってください。運転手様のタクシーが繫盛しますように。 平成二十九年六月二十三日 先生のエッグより」

 

忘れ物の傘を弊社ドライバーがお客様のもとへお渡しに伺った後にいただいたお手紙でした。
お客様の大切な思い出のある傘が戻り、短い乗車時間の中、楽しんでいただけたことは弊社にとって何よりもの喜びです。

杉戸タクシーは杉戸町のタクシー事業所で1番の事務員とタクシードライバーであることを自負しています。
皆、お客様の立場に立って応対し、心配りができる優しく親切なドライバーやスタッフであることを誇りに思っています。
まだまだ完璧ではありませんが、一人一人のお客様が弊社を支えてくださっていることを忘れず、常に最大限ご満足いただけるように、これからも尽力して参ります。
 杉戸タクシーをご利用いただき、また心温まるお便りを頂き、誠にありがとうございました。
ぜひまたのご利用を心よりお待ちしております。

健康診断を実施しました2017年春

今年度2017年度も、ドライバースタッフの健康のため、そしてお客様に安心してご乗車いただくため、健康診断を実施しました。
今回は「杉戸町役場  高野農村センター」で健康診断を実施しました。
労働安全衛生法第66条に基づき、深夜労働をする会社には年2回の健康診断が義務付けられています。
寒暖差の激しい昨今、
2017年も社員の健康管理を徹底して、皆様により安心してご乗車いただけるよう努めてまいります。
 

新型プリウスバックガイドモニターのご紹介

杉戸タクシーに新しく導入されたTOYOTA新型プリウス及びプリウス9台には「バックガイドモニター」が搭載されています。
下記動画にて、実際どのようにバックガイドモニターが役に立つのかをご紹介していますので、ぜひご覧ください。


動画では、入社1年半のドライバー大木実さんに新型プリウスに搭載されたバックガイドモニターを説明してもらいました。

↑バックガイドモニター搭載の新型プリウス運転手の一人「大木実」さん

 

新型プリウスには、オプションとしてバックガイドモニターを搭載することができます。
このバックガイドモニターなら、目視では確認することができない後方部を、モニターを確認しながら駐車することができるようになります。
日中の確認しづらい場所や、駐車スペースの狭い場所でも、楽々駐車できます♪
 

 

↑バックガイドモニターの様子。ギアをバックにすると、自動的にモニターが後方部カメラの画面に切り替わります。

 

 

↑ハンドルを回すと、車のバックの進行方向をガイドする黄色い線も連動して動きます。
ちなみに緑色の線は車体と並行であることを示すガイド線、赤い線は衝突する寸前であることを示すガイド。
この黄色、緑、赤のガイドを頼りに駐車をしていきましょう。

 

↑バックガイドモニターを使って、実際に駐車してみました。目視とバックガイドモニターで簡単にスマートに駐車することができました。


動画をご覧いただくとよく分かりますが、慣れない車では難しい車後方部がはっきりと映し出されます。
大木実さんの体験では、夜間でもバックガイドモニターは見やすいので、目視よりも安全に確認できるとのことでした。

ハンドルと同じ方向にガイドが動くから、どこに車を進行させ、左右どちらにハンドルを切るべきなのかが一目瞭然でした。
もちろん、バックガイドモニターだけに頼ってもいきませんので、目視とバックガイドモニターを交互に確認しながら駐車します。
駐車に不慣れな新人のドライバーさんでもすんなり駐車できます。

お客様にとっても、スムーズに、そして安全に駐車することができるので、より安心して杉戸タクシーをご利用いただけます。

現在のところ新型プリウス及びプリウスのみバックガイドモニターを搭載しておりますが、今後も安全機能が搭載されたタクシーを拡充し、ドライバーもお客様も安心して乗車できるよう努めて参ります。

お客様からのお便りのご紹介

先日、有限会社杉戸タクシー宛にお客様からお便りをいただきました。
お客様がタクシー内にお忘れ物をした際に、当社タクシードライバーが保管しておりました。
ご連絡をさせていただき、忘れ物をお届けいたしました。
その後日にいただいたお便りです。

前略失礼します。先日は、忘れものをお届けいただき、誠に有難うございました。 ご親切に心よりお礼申し上げます。 どこに失したかと、がっかりしていたところ、わざわざ来て下さって本当に幸せでした。 貴社のご繁栄を願っています。」

 

上記のような、心のこもったお便りをいただき、誠にありがとうございました。
杉戸タクシーでは企業として、ドライバーとして、当然のことではございましたが、お客様にとっては大きなお困りごとでした。
小さなことでも、大きなことでも、お客様のお困りごとを解決していくことが企業としての一番の役目であることを忘れず、精進努力を続けて参ります。
これからも当たり前のことを、当たり前にできるタクシー会社として、お客様の幸せと笑顔を一番に心掛けて参ります。

2017年新年のご挨拶

新春のお喜びを申し上げます

皆様おすこやかに新春をお迎えのことと存じます。

旧年中はひとかたならぬご厚情を賜り、誠にありがとうございました。

本年も相変わらず、よろしくお願いいたします。

皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。 

年末のご挨拶

2016年度も杉戸タクシーを御利用頂きましたお客様。

一年間ご愛顧賜り誠に有難うございました。 

また、2016年様々なご縁を頂いた宮代町、杉戸町の皆様。

そして杉戸タクシーを支えてくれているドライバーやスタッフの皆様。

皆様のおかげで、2016年も営業することができました。

2017年度も杉戸タクシーをよろしくお願いいたします。

 

お客様への12月中の繁忙期営業について

2016年も残すところ1週間程となりました。
12月の忘年会などのシーズン、杉戸タクシーでは繁忙期のため、時間帯によってはご迷惑をおかけすることもある場合がございます。
社員一同で事故等がないように精一杯運行させていただきますので、何卒ご了承いただけますようお願い申し上げます。

インフルエンザの予防接種を行いました 2017年

今回2016年も残りわずかとなりました。
2017年に向けて、今回も特別な事情をのぞいた社員9割のインフルエンザの予防接種を実施しました。
健康診断と合わせ、社員の健康には万全を期しております。

杉戸タクシーをご利用の際は、ぜひ安心してご乗車ください。

健康診断を行いました2016冬

2016年11月10日(金)お客様に安心してご乗車いただくため、そしてドライバーやオペレーターが明るく元気で笑顔でお客様と接していただけるようにと、杉戸タクシー有限会社の年2回の健康診断を実施しました。
今回も巡回健康診断を専門とする「サイタマ検診クリニック」さんに、本社社屋内での健康診断と杉戸タクシー東武動物公園駅駅前待機所にて
レントゲン等を実施していただきました。
労働安全衛生法第66条に基づき、深夜労働をする会社には年2回の健康診断が義務付けられています。
今回はその2回目にあたる冬の健康診断になります。


 

東武動物公園駅駅前待機所での健康診断の様子。中はレントゲン室になっていて、外では社員全員の顔を確認し社長が受付をしています。


 

杉戸タクシー本社内の健康診断の様子。血圧を測定しています。


 

身体測定などもやっています。

 

こちらも杉戸タクシー本社内の健康診断の様子。問診も行っていただき、日々の体調で気になることやその他健康に関することのアドバイスもいただきました。


 

主な健康診断内容は心電図やレントゲン、体重測定や身長測定などの身体測定、血圧測定、聴力および視力検診、尿検査や採血、問診、その他、診断していただきました。
2016年も残すところあと1か月となりました。
だんだんと冷え込む季節がやってきますので、社員の健康管理はこれからも日々徹底して行ってまいります。

新型プリウスを2台新しく導入しました

この度、杉戸タクシーのタクシー車にTOYOTAの「新型プリウス」2台を導入しました。

杉戸タクシーでは、地球環境を配慮し、よりお客様の乗り心地、安全性を高める為、従来のタクシー車TOYOTA「クラウンコンフォート」からTOYOTA「プリウス」へと切り替えを行っております。
2016年現在杉戸タクシーでは「旧型プリウス」2台、「プリウスα」4台、そして今回の「新型プリウス」2台を導入済みです。
 


杉戸タクシーがタクシー車を「プリウス」に切り替えを行っているのには理由があります。
一つ目はトヨタのハイブリッド車には「CVT」が採用されていることです。
CVTとは「Continuously Variable Transmission」の略称ですが、簡単にご説明すると従来のAT(オートマ)、MT(マニュアル)とは違った新しい変速機構のことです。
オートマ車、マニュアル車はスピードを上げ、ギア(歯車)チェンジをすることで、より速く走行することができますが、ある一定のスピードになると「ガクン」「ガクン」と歯車をかみ合わせるために、変速の衝撃がありました。
 しかし、CVT車では、ギア(歯車)を使わずに「ベルト」を使って変速ができるような機構になっている為、加速時の変則の衝撃がなくなり加速がスムーズになっています。
AT車、MT車が階段を一段一段昇るイメージとすれば、CVT車は滑らかな段差のないエスカレーターのようなイメージです。
CVTのおかげで、タクシーの車内空間では、変則の衝撃がないため、静かで快適な乗り心地を実現しています。

また、CVTを採用したことにより、燃費性能が大幅に向上しています。
様々な状況により燃費性能は変化しますが、杉戸タクシードライバーの金澤さんは「リッター30kmくらいは走ります」と語ってくれました。
 

 


そして、今回導入の新型プリウスには「TOYOTAセーフティーセンス」技術が採用されています。
プリウスに搭載されたレーダーやカメラにより、万が一の時、衝突を事前に回避支援することができる機能を搭載。
この新型プリウス2台では、より高い安全性能を実現しています。
詳細は下記TOYOTAホームページにて公開されおりますので、ぜひご覧ください。

【TOYOTAホームページ「セーフティーセンス」について】
http://toyota.jp/information/campaign/anzen_anshin/
【TOYOTAホームページ「プリウス」について】
http://toyota.jp/prius/


「変則の衝撃が少なく」「燃費性能が向上し」「静かな車内空間」「高い安全性能」を提供できるのはこの「プリウス」だけ。
杉戸タクシー安全宣言です。
杉戸町マスコットキャラクターすぎぴょんの新しい絵柄も見どころですので、ぜひご覧ください。
これからも、杉戸タクシーでは、プリウス切り替えを行い、お客様により快適に安全に、安心してご乗車いただけるように努力してまいります。