杉戸タクシー有限会社

Top

NEWS RELEASE 新着情報

新型プリウスを2台新しく導入しました

この度、杉戸タクシーのタクシー車にTOYOTAの「新型プリウス」2台を導入しました。

杉戸タクシーでは、地球環境を配慮し、よりお客様の乗り心地、安全性を高める為、従来のタクシー車TOYOTA「クラウンコンフォート」からTOYOTA「プリウス」へと切り替えを行っております。
2016年現在杉戸タクシーでは「旧型プリウス」2台、「プリウスα」4台、そして今回の「新型プリウス」2台を導入済みです。
 


杉戸タクシーがタクシー車を「プリウス」に切り替えを行っているのには理由があります。
一つ目はトヨタのハイブリッド車には「CVT」が採用されていることです。
CVTとは「Continuously Variable Transmission」の略称ですが、簡単にご説明すると従来のAT(オートマ)、MT(マニュアル)とは違った新しい変速機構のことです。
オートマ車、マニュアル車はスピードを上げ、ギア(歯車)チェンジをすることで、より速く走行することができますが、ある一定のスピードになると「ガクン」「ガクン」と歯車をかみ合わせるために、変速の衝撃がありました。
 しかし、CVT車では、ギア(歯車)を使わずに「ベルト」を使って変速ができるような機構になっている為、加速時の変則の衝撃がなくなり加速がスムーズになっています。
AT車、MT車が階段を一段一段昇るイメージとすれば、CVT車は滑らかな段差のないエスカレーターのようなイメージです。
CVTのおかげで、タクシーの車内空間では、変則の衝撃がないため、静かで快適な乗り心地を実現しています。

また、CVTを採用したことにより、燃費性能が大幅に向上しています。
様々な状況により燃費性能は変化しますが、杉戸タクシードライバーの金澤さんは「リッター30kmくらいは走ります」と語ってくれました。
 

 


そして、今回導入の新型プリウスには「TOYOTAセーフティーセンス」技術が採用されています。
プリウスに搭載されたレーダーやカメラにより、万が一の時、衝突を事前に回避支援することができる機能を搭載。
この新型プリウス2台では、より高い安全性能を実現しています。
詳細は下記TOYOTAホームページにて公開されおりますので、ぜひご覧ください。

【TOYOTAホームページ「セーフティーセンス」について】
http://toyota.jp/information/campaign/anzen_anshin/
【TOYOTAホームページ「プリウス」について】
http://toyota.jp/prius/


「変則の衝撃が少なく」「燃費性能が向上し」「静かな車内空間」「高い安全性能」を提供できるのはこの「プリウス」だけ。
杉戸タクシー安全宣言です。
杉戸町マスコットキャラクターすぎぴょんの新しい絵柄も見どころですので、ぜひご覧ください。
これからも、杉戸タクシーでは、プリウス切り替えを行い、お客様により快適に安全に、安心してご乗車いただけるように努力してまいります。